おいしいごはん Buono 日記
美味しいもの・美味しいお酒で 幸福に
プロフィール

ボーノ くん

Author:ボーノ くん
食べること・飲むことが大好きです。
ボーノ家の日々の食事が中心になります。
料理は主に妻が作っていますが、
休日等 時間のある時は
料理好きのボーノも作っています。
アップのタイミングは
若干ずれるときもあります。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



キーワード検索

家ごはん 肉料理 和食 洋食 魚料理 写真 ごはん類 デジタル写真 ラーメン 中華 ワイン カレー パスタ スイーツ 取り寄せ・購入 情報 刺身 餃子 そば・うどん パン 寿司 ランチ 日本酒 エスニック 焼酎 ピザ テイクアウト ブログ 昔の写真 イタリアン フレンチ 洋菓子 旅行 車バイク お弁当 焼そば 香辛料・調味料 モノクロ写真 政治  カメラ 天婦羅 洋酒 食堂 その他のお酒 バイク コーヒー・飲み物 ビール 居酒屋 マリネ 和菓子 雑談 レシピ バイキング 散歩  盛付 弁当 野菜料理 寿し 惣菜 ブログ 



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



新しいフライパン & 茸のガーリックパスタ
170930-1.jpg
ドイツ・Fissler社の ステンレスパンを買いました。

170930-2.jpg
たっぷりのオリーブオイルで、
たっぷりのニンニクと玉葱を炒めます。

170930-3.jpg
で、茸のガーリックパスタの完成!(^^)

170930-5.jpg
ニンニクの香りに醤油の隠し味、大葉があいます。^^


実は 今年3個目のフライパンでした。
テフロンコートのフライパンが古くなったので
既に、大と中の2個を買い換えました。

毎度のことですが、日本ではまったく報じられない
話題にもならない テフロンコート(フッ素樹脂)の危険性。

フッ素樹脂は 260度以上で劣化が始まり、
3~5分の空焚きで400度に達し、無色無臭の有毒ガスを発生し
喉の痛み・発熱・頭痛・動機等を引き起こします。

数本のウインナー等、炒める食材が少量の時も
空焚き状態と同じだそうです。

さらに、フッ素樹脂を金属と密着させるために
使われているPFOA・PFOS、
発がん性や 胎児の奇形・発達障害が懸念されていて
ヨーロッパでは2006年以降、販売・輸入・使用が禁止
発がん物質が発生しないPFOA・PTFEフリーに変更されています。
(各国規制は環境省資料P5参照)

フッ素樹脂加工フライパンの先駆者 T-falは、
ホームセンターでの安価品はPFOAを使っているけれど、
製造工程で蒸発して なくなっているので安心と言いつつ、
ちゃんとPFOAフリー・PTFEフリー・カドミウムフリーの
フライパンも販売しています。
http://www.t-falusa.com/Cookware-%26-Kitchenware/Pots-%26-Pans/Initiatives-ceramic-black/p/r-p-initiaves-ceramic-black

今までは、テフロンコートは長持ちしないので
安めのものを ダメになってきたら買い換える
を繰り返していましたが
今回は少し奮発して、PFOAフリーのテフロンコートを購入。

コーティングを長持ちさせるには強火禁止
そして、冷えていないフライパンを 水に浸けてはいけないそうです。
つまり、使ったフライパンを洗って、
直ぐに次の料理を作ることができません。

そこで、味の薄いものから先に調理し
キッチンペーパーで拭き取り、次の調理をしていたのですが
どうしても洗いたくなる時があるので
いつでも洗えるステンレスのフライパンも買うことにしました。
(持っているビタクラフトのフライパンは、角があるので返しができない)

日本は農薬の規制も甘く、使用管理がきちんとされていないため
オリンピックの選手村で使う食材も
今のままでは 外国産になることもあるようです。

ワクチンや抗がん剤も、海外では既に禁止になっているものでも
日本では規制されていないことが多々あります。

日本の役所とマスコミは、企業の方向しか向いていないので
自分で調べなければ、危険なことを教えてくれません。

今の子供達は、健康寿命
いくつまで生きられるのでしょう?(><)


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://buono555.blog.fc2.com/tb.php/1889-0a5db3a1